HOME > お客様サポート > ソーイングワンポイントアドバイス

ソーイングワンポイントアドバイス

知っておくと便利なミシンの使いかたや、縫いかたのコツを紹介しています。

縫いかた ワンポイントアドバイス

裁ち目かがりのコツ

「裁ち目かがり」とは?
布端の裁ち目から糸がほつれないように処理する方法です。裁ち目かがりの縫い模様は「ジグザグ縫い」「点線ジグザグ縫い」「オーバーロック縫い」などがあり、素材や用途により使い分けが可能です。
裁ち目かがりには端縫い(縁かがり)押えが便利です。※ 一部使えない機種・模様があります。

ジグザグ縫い
裁ち目かがりの最も基本的な縫い模様です。
コツ:縫いはじめる前にプーリーを回し、針の位置を布端に落ちるように調整します。縫いはじめて布端が左側に引っ張られる場合は、上糸調子を少し弱めてください。
※ 端縫い(縁かがり)押えが使用可能です。
(一部の機種を除く)
点線ジグザグ薄地や一枚布で生地にしわが寄ったり生地が巻き込まれるときに使用します。


※ 端縫い(縁かがり)押えは使用できません。
オーバーロック
地縫い(2枚の生地を縫い合わせること)と裁ち目かがりを一度にするときに使用します。

※ 端縫い(縁かがり)押えが使用可能です。
※ 模様が搭載されていない機種があります。

縫いにくい生地の縫いかた

ビニール素材・皮・ベルベットなど、すべりが悪い生地はミシンの設定やちょっとした工夫で縫いやすくなります。

ジグザグ縫い
縫い目の長さと速度を調整する
縫い目の長さをあらくして、ゆっくりのスピードで縫います。
生地をゆっくり大きく送ることで、生地が進みやすくなります。
※ ご使用の機種によっては調整方法が上記と異なる場合があります。その際はお手元の取扱説明書をご確認ください。
点線ジグザグ薄い紙と一緒に縫う
ハトロン紙などの薄い紙や水溶性シートを布の上や下に置いて一緒に縫うと、生地が進みやすくなります。
※ 縫った後に紙を取り除いてください。
→水溶性シートはこちら
オーバーロック
ローラー押え・上送り押えを使用する
押えに付いているローラーで生地を送りやすくするローラー押えや、押えと送り歯ではさみながら生地を送る上送り押えなども使用できます。
※ 機種・素材・縫い模様によってはご使用いただけない場合があります。
→ローラー押えはこちら
→上送り押えはこちら

縫い目をまっすぐに縫うコツ

針板の案内線
押えのライン
布端を針板の案内線や押えの端に合わせて縫い進めることで、布送りの歪みを防止し、仕上がりがきれいになります。
※このとき、針を見ると歪みやすくなるので、布端の位置に意識を集中させるとまっすぐに縫いやすくなります。

ステッチガイド 長い距離をまっすぐに縫いたいときは、別売りの「ステッチガイド」を使用すると、簡単に縫うことができます。

縫い代の幅に合わせてステッチガイドを針板に固定し、布端をステッチガイドの縁に沿わせながらお好みの幅で直線縫いができます。

※一部使用できない機種があります。
→ステッチガイドはこちら

サポートコンテンツ

よくある質問Q&A
購入相談・部品注文
操作方法・修理受付
説明書ダウンロード
カタログダウンロード
ユーザー登録
  • 簡単!故障診断
  • ミシンテキストブック
  • ソーイングワンポイントアドバイス
  • アンケート
  • ソフトウェアダウンロード

PAGETOP