HOME > お客様サポート > ソーイングワンポイントアドバイス

ソーイングワンポイントアドバイス

知っておくと便利なミシンの使いかたや、縫いかたのコツを紹介しています。

使いかた ワンポイントアドバイス

糸通し器の使いかた

糸通し器の使いかた 自動糸通し器は針穴に糸通しができる、便利な機能です。
糸通し器の使いかた
自動糸通し器は、針穴に小さな糸通しカギを後ろから差し込み、前にある糸を引っ掛けて後ろに丸く掻き出すような仕組みです。

糸通しのポイント
糸通しのポイント
1.糸をゆったりと持ちます。
しっかりと糸を持ってしまうと、針の後ろに輪ができる糸の余裕がなくなります。
糸は糸通しカギから外れない程度にゆったりと持ち、手前に軽く引きます。
糸通しのポイント
2.レバーを保持し、ゆっくり戻します。
レバーは手前に回すと自動で上に戻りますが、手で保持してゆっくり戻した方が糸通しカギから糸が外れず、糸が針穴に入りやすくなります。

糸ごまのセットの方法

糸ごまのセット
糸ごまは糸立て棒の奥までセットした後、糸ごま押えを取り付けてください。
糸ごま押えを取り付けないと、糸ごまが棒から抜け出たり、糸立て棒に糸が絡みつく場合があります。
糸ごまのセット
糸ごまを立てて使用する場合は、糸立て棒に糸ごまクッション、糸ごまの順で取り付けます。
クッションを取り付けないと、糸ごまが空回りして滑らかに糸が出ないことがあります。
糸ごまのセット
糸ごま押えをセットしてください。
糸ごま押えの取り付け方向に注意してください。

糸ごまのセットのポイント
糸ごまのセット
糸ごまのセット
切りみぞを糸立て棒の根元に向けてセットする
糸ごまによって、糸どめの切りみぞがついている場合があります。
糸が出る方向と反対に切りみぞが来るように糸ごまをセットしてください。
切りみぞがある方を糸が出る方向に向けてしまうと、切りみぞに糸が引っ掛かり、
糸が切れたり、糸調子がとれないことがあります。

下糸の正しい巻きかた

下糸の巻きかた 下糸が均一に巻けていなかったり、ボヨボヨしていると糸調子が不安定になり、糸絡みなどの原因となります。
正しい糸の巻きかたとポイントを確認しましょう。

3つのポイント
・正しく糸をかける。
・スピードはいちばん"はやい"に設定する。
・糸端をしっかり持ち、巻き始めに糸をたるませない。
下糸の巻きかた
糸立て棒に糸ごまを入れ、糸ごま押えをかぶせます。
下糸の巻きかた
右手で糸を保持し、糸案内に糸をかけます。
下糸の巻きかた
下糸巻き案内に糸を手前から1周巻きつけます。
※ここで1周巻きつけていないと、ボビンにしっかりと糸が巻きつかず傾き、ゆるみの原因となります。
下糸の巻きかた
ボビンの穴に内側から外側に向かって糸を通します。
※必ずミシンにあったボビンをご使用ください。
ミシンにあったボビン選び
下糸の巻きかた
ボビンのみぞと下糸巻き軸のバネの位置を合わせ、軸にセットし、ボビンを矢印の方向に押します。
ボビンの穴から引き出した糸がたるまないように糸の端をもち、開始・停止スイッチを押して巻き始めます。
下糸の巻きかた
ボビンが数回転したらいったん止め、巻き始めの糸を短く切ったあと、再度開始・停止スイッチを押して糸を巻き続けます。
※巻き始めの糸を切らずにそのままにしておくと、糸絡みの原因となりますので、かならず短く切ってください。
下糸の巻きかた
下糸がいっぱいになって、ボビンの回転が止まったら、すぐに開始・停止スイッチを押してミシンを止めます。
下糸巻き軸を左に戻してボビンを外し、糸の端を切ってください。

下糸の巻きかた


※ご使用の機種によっては形状の違いにより、糸掛けの手順が上記と異なる場合があります。
その際はお手元の取扱説明書をご確認ください

縫い目長さの調節方法

ステッチガイド 「縫い目の長さ」とは、針が下りてから次の針が下りるまでの距離、つまり縫い目ひと目分の長さのことです。
生地によって調整することで、美しい縫い目に仕上げることができます。
※縫い目長さが調節できない機種があります。

美しく縫うポイント
薄地を美しく縫うポイント
薄地の場合
サテン、ダブルガーゼなどの薄地を縫うときは、縫い目の長さをこまかくすることで生地のよれを防ぐことができます。
押えのライン
厚地や布送りが悪い生地の場合
タオル、デニム等の厚地や、コーデュロイ、ベルベットなどの布送りが悪い生地は、縫い目の長さをあらくしてください。
こまかくすると生地が伸びてしまい、しわになります。
また、段差がある箇所は縫い目の長さをあらくすると前に進みやすいので、生地を送りやすくなります。

縫い目長さ・ジグザグふり幅/直線針位置の設定方法

コンピュータミシンでは、縫い目の長さやジグザグふり幅/直線針位置を決めるとき、
自動設定と手動設定を選択できます。

縫い目自動設定 コンピュータミシンでは縫い目長さやジグザグふり幅/直線針位置が自動設定されており、模様を選択すると、その模様に最適な縫い目長さ・ジグザグふり幅または直線縫いの針位置で縫うことができます。


縫い目手動設定 調節つまみ(ボタン)をピっと音がする所まで動かしたあと、設定したい位置へつまみ(ボタン)を動かすことで、お好みの縫い目の長さやジグザグふり幅、直線針位置を手動設定できます。

※一部デザイン・仕様が異なる機種があります。
設定方法はお手元の取扱説明書をご確認ください。
手動設定時の注意点
電源スイッチを切ると、手動で設定したデータがリセットされます。
その為、電源を入れたときに調節つまみの位置がどこにあっても自動設定に戻ります。

サポートコンテンツ

よくある質問Q&A
購入相談・部品注文
操作方法・修理受付
説明書ダウンロード
カタログダウンロード
ユーザー登録
  • 簡単!故障診断
  • ミシンテキストブック
  • ソーイングワンポイントアドバイス
  • アンケート
  • ソフトウェアダウンロード

PAGETOP